Vストローム250がコスパ良すぎる話

Vストローム250 Vstrom250 バイク

・アドベンチャータイプのバイクに興味がある
・できればコスパのいいバイクに乗りたい
・Vストローム250って高いの?

そんな疑問にお答えします。

ここ数年人気が高まるアドベンチャータイプのバイク。中でもVストローム250の人気は目を見張るほどです。2017年にはグッドデザイン賞に輝きました。

参考:GOOD DESIGN AWARD

この記事ではVストローム250がどれほどコスパのいいバイクか、様々な視点から説明します。
僕はこれまで中型・大型を計4台乗り継ぎ、現在Vストローム250に乗っています。過去の愛車と比べてもVストローム250は使いやすく、経済的にも手ごろなところが魅力です。

この記事を読めばコスパ面からVストローム250の良さが分かりますよ。

Vストローム250のコスパ① 燃費

排気量250ccということで、やはり燃費の良さは大きなポイントです。
スズキ公式ホームページによると燃費は31.6km/L(WMTCモード値)。僕は普段街乗りが多いんですが、よほどの渋滞でもない限りだいたい30km/Lくらいです。

大型バイクだと1リットル20kmにも届かない車種も多いので、これはかなりお得なポイントと言えますね。

✅ポイント
・燃費は30km/Lくらい

Vストローム250のコスパ② 給油1回で長い航続距離

Vストローム250のガソリンタンク容量は17リットル。先ほどの燃費(30km/L)から計算すると、満タンで510km走れることになります。これは東京~大阪間の道のりに相当します。

少ない給油回数で遠くに行けることには2つのメリットがあります。1つは時間の節約。もう1つは高速道路での給油コストの削減。なぜなら高速のガソリンスタンドは下道より高値なので、給油回数が少なければ出費を抑えられて嬉しいですよね。

✅ポイント
・ガソリンタンク容量:17リットル
・満タンで約500km走れる

Vストローム250のコスパ③ 力強いエンジン

250ccは非力なんて声を聞くことがありますが、 少なくともVストローム250に乗った感覚としてはそんな印象はありません。

実際にオプションのトップケースと両サイドのパニアケースに荷物を満載し嫁さんとタンデム(二人乗り)で出かけたときも、走りがもたつくことはありませんでした。

低中速を重視しライバル車種よりも圧倒的に低い回転域で、豊かなトルクを発生する。フルパニア+2名乗車であってもしっかりと発進し、90kmまでの加速性能を重視した特性だ。

出典: 「V-Strom250」の詳細が発表!目指したのは「メチャクチャかっこいい」スタイルのアドベンチャーツアラー —Webikeニュース

あくまでも低中速重視のエンジンのため、決して速いバイクではありません。でも荷物をたっぷり積んでのんびりトコトコ走るのが好きな人には最適です。

✅ポイント
・荷物満載、タンデムでも安定した走り
・低中速重視のため速くはない

Vストローム250のコスパ④ 標準装備品が豪華

Vストローム250には標準でナックルガード、センタースタンド、シガーソケットが装備されています。他の車種ではなかなか考えられないことではないでしょうか。

ナックルガード

ハンドルバーに黒のナックルガードが付いています。防風効果はあまり感じられませんが、アドベンチャーらしい雰囲気がアップしてかっこいいです。

注意点として、バイクを降りた時にヘルメットをハンドルに引っ掛けづらくなること(というかほぼ不可能)はご了承ください。

センタースタンド

サイドスタンドに比べ荷物の出し入れの際に安定感が増すのと、メンテナンスしやすくなる利点があります。

ただし車両重量が190kgほどあって250ccとしてはちょっと重いので、使いこなすには慣れが必要ですかね。

シガーソケット

メーター左側面にはシガーソケットを標準装備。電源として使用でき、スマホの充電も可能です。スマホナビはバッテリーの消耗が激しいので嬉しい装備ですね。

✅ポイント
・ナックルガードでハンドル周りのカッコよさUP
・センタースタンドは便利だけど慣れが必要
・シガーソケットでスマホ充電も可

Vストローム250のコスパ⑤ 250ccなのに大型みたいに見える車格

スペック上は特別大きいわけではなく、シート高も800mmとそんなに高くありません。身長167cmの僕でも両足の前半分くらいまで地面についてます。

が、とても250ccには見えない風格があるのがすごく得した気分です。グッドデザイン賞のHPではデザイナーさんが次のように述べています。

シリーズ共通のクチバシ形状のフロントノーズや、シルエット、シンプルで力感あふれる面構成は上級機種とイメージを共有してアドベンチャーツアラーらしさを演出し、旅に出るかっこいい自分を想像して貰えるようなスタイリッシュさを、又、武骨でタフな造形により排気量を感じさせない、頼りがいのある旅の友となるようなスタイリングを目指しました。

出典:GOOD DESIGN AWARD

✅ポイント
・大柄に見えるが実際は扱いやすい大きさ

Vストローム250のコスパ⑥ 手ごろな価格

ここまででも結構な至れり尽くせり感がありますが、その割に値段がそんなに高くないのも嬉しいところ。詳しい本体価格はスズキ公式HPのとおりですが、ABSあり/なしどちらのタイプも税込み60万円前後です。

参考:スズキHP

僕の場合さらにオプションのトップケース1つとサイドケース2つ、社外品のエンジンガードを取り付けて、諸費用込みで70万円くらいでした(いつもお世話になってる店で買ったので少し勉強してもらえたっぽいw)。
先代の愛車を下取りに出したので、実際払ったのは30万円くらいです。

✅ポイント
・本体価格 税込み60万円前後



まとめ

Vストローム250は控えめに行ってコスパ良すぎです。ポイントを再度まとめてみましょう。

・燃費:約30km/L
・満タン給油で約500km走れる
・低中速重視で速くないけど頼もしいエンジン
・ナックルガード・センタースタンド・シガーソケット標準装備
・250ccなのに大柄に見えてカッコイイ
・充実装備を誇りながら、本体価格は60万円くらいに抑えられてる

最近の新車の中でもトップクラスの売れ行きだそうですが、これだけコスパ高ければ納得ですね。

Vストローム250はキャンプなどの荷物の多いアクティビティにも最適。服装もアウトドアファッションがよく似合うので、こちらの記事も読んでみてくださいね。